2015年11月24日

過去の少額訴訟でも割と返しなさいという判決が多いです

木造の二階に住んでいますが、下の階に去年の12月にお婆さんと息子が越して来ました。何故か、一緒に暮らしていないおお爺さんが早朝に来ては夕方に帰って行くのですが、嫌がらせが酷いです。こちらのちょっとした音にも過敏に反応してドンドンやられます。お婆さんも、お爺さんよりはマシだけれど嫌がらせをしてきます。少額訴訟に持ち込んだほうが早いでしょか。


 

管理会社に相談しましたが、担当者は頼りなく敷金とは何かという回答もできず、不誠実でやる気もなく憤っております。うちも越してきてまだ一年しかたたないため、嫌がらせに耐えかねて、こんな短期間で引っ越す事になってしまい、引越し代や手間代を考えると怒りが湧いてきます。せめて、不誠実な大家と管理会社に利益がいかないよう、敷金を全額返金してほしいです。


 

大家は特約に詳しく書いてある分は例え少額訴訟になっても請求するつもりのようです。敷金が66千円しかない為、戻ってくる額はこのままだとないに等しいと思います。もともと、襖も畳の表替えも毎回やっているらしく、入居した時から今まで何の汚れもなく、張り替える必要が全くないのが見て分かるほど綺麗です。引っ越し日は4/12で退去の立会い日は4/19です。少額訴訟を考えていますが、訴訟を起こさなくても大家が折れてくれる方法があるのなら教えて頂きたいです。


 

A:先ずはガイドラインを武器に敷金とはどういうものか判断してみて下さい。過去の少額訴訟でも割と返しなさいという判決が出ていることが多いですよ。

プロフィール
管理者:少額訴訟問題研究会

少額訴訟に関する問題について研究しております
2015年 11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリー
リンク集